くぅ+こぅ+レオのメモ

子供2人+犬1匹の成長記録とキャンプレポ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休みキャンプ キャンプ編

今年の夏キャンプは清流の流れる避暑地のキャンプ場。

前日まで滞在していた那須から、群馬の友人宅に移動して夜中の3時過ぎに出発して
途中観光しながら13時頃到着。遠かった様な近かった様な…。

130818-10.jpg

キャンプ場に着くと、子供達はさっそくのんびり、のびのび。

くぅは河原に座って景色を写生。
でも、しばらくすると泣きそうな顔で「パパ、刺されたかも」って、ちょっとただ事じゃない感じ。

近くに寄ると耳の上の髪の中に、2センチくらいの見るからにスズメバチみたいなヤツが潜り込んでる。
こりゃーヤバいと思ったけど、下手に払って又刺されたらシャレにならない。
慎重になんとか追い払うと、耳の下までしたたる程の流血。背筋が寒くなりましたよ。

でも、本人は痛がってないしなんか変な感じ。
とにかくいざという時の為に持っていたポイズンリムーバーでかなり力を入れて吸引。

手当だけして、キャンプ場のオーナーに相談。
この時点でアブじゃないかって言われて少し落ち着く。考えてみたら痛がり方がハチとは違う。

130818ー9

結局はこの写真見たいなアブ。こんな紛らわしいアブがいるなんて初めて知った。
今だから冷静だけど、実はこのやり取りの間にこぅくんも同じ症状で足から流血。もう帰る覚悟でしたよ。

キャンプ場のオーナーが近くの病院に相談して下さり、しばらく安静にしてショック症状が
無ければ、多分アブだろうという事で一安心して、なんとか時間をかけてテントを設営。

とにかく、ブヨ以外に使う事無いだろうと思ってたポイズンリムーバーがあって良かった。
仮にスズメバチだとしても気持ちの持ち方が違った。
キャンプに来る前にエマージェンシーキットの中身の確認は絶対必要。今回痛い程思い知った。

キャンプ場はオーナーがスズメバチに刺されながら、駆除してくれてるので安心なはず。
アブだって知ってればこんなに焦る事無かったし、良い経験になった。

130818ー2

結局、2人ともショック症状も出ず、腫れも無く、痒みも無く元気一杯。
オーナーが貸してくれたハンモックで楽しんじゃってます。

130818ー3

今回は3泊。
観光したり、水遊びしたり、釣りしたりの予定でタープとスクリーンタープで雨と日差し対策は万全。

130818ー4

昼間は暑いけど、風は気持ちいいしダラダラのんびり。
観光も水遊びも良いけど、こんな過ごし方が最高の時間。

130818ー5

川ではゴムボート遊び。
岩の隙間を滑り降り、遊園地のアトラクション並の絶叫で楽しんでますが、ほとんど河原がなく、
水の中を何往復もしてボートをピストンするこっちはもうヘロヘロ。

130818ー6

夕方になると釣り。
2時間くらいでちっちゃいアマゴを6匹。
キャンプ場にいる間、ヤマメだと思っていたけど赤い斑点があるのはアマゴって言うのかも。

130818ー7


食べるの可哀想なくらいちっちゃいけど、みんなで美味しく頂きました。
子供達も頭から食べちゃうし、友達の釣ったおっきなイワナもぺろっと食べちゃうし、これも食育。

130818ー8

今回のキャンプ場、くぅとおんなじ名前。最初は嫌がってたけど帰る頃には嬉しそう。
キャンプ場には天然の湧き水があり、もう凍りそうな位冷たい美味しい水がガブガブ飲めて最高。
温泉だって一日何回も入れちゃって、朝起きてまず風呂なんて贅沢も出来る。

とにかく涼しくて気持ちよかった。
家に帰ってとにかく溶けそうに暑いし、水が飲めない、氷がまずい。
水、持ってくれば良かったなぁ…。
  1. 2013/08/19(月) 19:34:38|
  2. 岐阜県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休みキャンプ 観光編VOL1 | ホーム | 4つ目百名山@那須岳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smkk2.blog.fc2.com/tb.php/1014-d0a99004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。