くぅ+こぅ+レオのメモ

子供2人+犬1匹の成長記録とキャンプレポ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学校に行ってきた

こぅくんの事で小学校へ行ってきた。

いわゆる認識度テストみたいな物の出来が悪かったらしい。
その類いの物、こぅくんには全然やらせてないから、言われても仕方ないな。

他にも校長と学年主任とゆっくり話しが出来て、まぁ、問題ないでしょうとの結論にはなったけど、
3月生まれのこぅくん、入学当初は大変かも知れないな。

少しそういう準備?訓練?的な物させてみようかしらね。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/18(水) 20:39:31|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一個かぁ…。

夜中3時過ぎに目が覚めたので、1時間弱だけど流星群を撮影。



80枚コンポジットしたけどイマイチ。

131213-2.jpg

写っているのは一個だけだし地味だった。
肉眼で見ていた別角度ではもっと派手なの見えたのに…。
  1. 2013/12/14(土) 11:24:46|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単独山行4@雲取山

雪降る前に雲取山に行ってきた。東京都の最高峰で2、017m。

富士山に登る前に山小屋体験もしておきたいので、出来れば来年あたり、家族で初の
山小屋泊をして見たいと目論んでいる山。

3時過ぎに起きて4時に出発して、6時に登山口。登山口までは比較的あっという間だけど、
真夜中、奥多摩湖沿いのクネクネ道とトンネル多数を通過する間、ほとんどすれ違う車も無くチト寂しい。

131208-3.jpg

登り始めた頃はまだ薄暗く、初めてのヘッデン付けての出発。
ゆる〜い登りが続き、あたりが明るくなって暫くすると眺望が開けて赤く染まる富士山。何時見ても最高!

131208-7.jpg

2時間半でブナ坂。
ここからは何度も本で見て憧れた景色。ず〜っと富士山を見ながらの気持ちの良い尾根歩き。

131208-8.jpg

白峰三山。いつかはあそこを縦走して見たい。

131208-13.jpg

もう少し。

131208-14.jpg

何時もの事ながら、もう少し。って思ってからけっこう長い。

131208-16.jpg

埼玉側山頂。
ここまで4時間40分。コースタイム−10分で良いペース。

131208-15.jpg

先週登った大菩薩嶺と富士山。

131208-17.jpg

東京側山頂から。赤岳も少し。
たまたま山頂が空いていて、山座同定盤を独り占め出来て大満足の山頂。

131208-23.jpg

いつものラーメンだけど至福の時。考え事しながらのんびり50分も休んでやっと出発。

131208-18.jpg

この先が気持ち良いんだけど、お昼近くなって雲が出てきた。

131208-19.jpg

帰りは調子もいいし、勢いで七ツ石山経由。

131208-20.jpg

七ツ石山山頂。ここまであっという間で1時間10分。
でも、調子に乗って歩きすぎて足首が靴擦れで、ズル剝け。

131208-21.jpg

雲取山方面。
そういえば雲取山荘を見てくるの忘れた。

ここから駐車場まではほぼノンストップで歩き続けて下山は2時間45分。
合計7時間25分。総距離で約20km。

距離が長くてやっぱり子連れの日帰りは絶対ムリ。
でも、アップダウンも少ないし全体的に緩やかなコースで、一泊すれば全然問題無さそうなんだけど、
そういえば、一人も子供に会わなかった。今まで子供に合わない山は無かっけど…。
赤岳にだって谷川岳にだっていたんだから、タマタマなのか?やっぱり一泊はハードルが高いのか?





  1. 2013/12/09(月) 21:25:19|
  2. 雲取山・両神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高すぎるよ!



建設中のプロジェクトに参考にしたくて、いろんなツテに頼って、相当無理をお願いして、
新しく出来たばかりの某運輸会社のターミナルを見学させて頂いた。

トラックが着車するこの部分をどうするか?正直言って、もう何パターンも考え続けて1年近く悩んでいる。
今日見せて頂いたこの装置で、やった解決!って思ったけど1台400万するらしい。こりゃ無理だ。

でも、おっきなヒントはゲット出来た。
このままマネしたってつまんないから、アレンジして1/10位でなんとかしてやるぞ。

因にこのターミナル、来年からは見学コースがオープンするので子供と行ったら面白いと思いますよ。

  1. 2013/12/04(水) 23:14:14|
  2. work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年2回目@大菩薩嶺

先週は家族で山歩きしたし、今週は一人で雲取山を…なんて目論んでいたら、ママがやる気!
流石に子連れで日帰り雲取山は不可能なので、先日の積雪が殆ど消えていそうな情報を信じて大菩薩嶺へ。

行き先の検討が遅くまでかかったおかげで少し寝坊したものの、8時前には上日川峠に到着。

131201-1.jpg

先日と同じコースを歩いても面白くないし、石丸峠から山頂をめざします。
情報通り残雪もほとんど無しで、霜柱を踏みしめながらの軽快なスタート。

131201-2.jpg

子供達も大興奮の長ーい霜柱がイッパイ。

131201-3.jpg

残雪は無い物のアッチコッチ凍結していて、落ちたらシャレにならない。

131201-6.jpg

順調に進んで眺望が開けると素晴らしい富士山!
富士山と相性の悪いママも2週連続で絶景を堪能。

131201-7.jpg

石丸峠手前のクマザサの道。

131201-8.jpg

最高に気持ちいい。

131201-10.jpg

せっかく早起きして歩くならやっぱりこういうルートを歩きたい。
実はこの登り道、ドロドロでツルッツルで歩くの大変だった。

131201-11.jpg

峠の後、少しだけアップダウンの林を抜けて大菩薩峠に到着。

131201-12.jpg

こちらも気持ちの良い稜線。
でもこの辺でくぅがダウン寸前というか、空腹の限界。オヤツあげてもラーメンの強要!
まぁ、今回は珍しく来る事を渋ったのを半ば無理矢理連れてきたので仕方なし。

131201-13.jpg

ちょっと岩場。写真で見る程危険な所じゃないから、子供達はテンションアップ。

131201-14.jpg

今日はもうどこからでも最高の富士山。
南アルプスも八ヶ岳も行きたかった雲取山も、ぐる〜っと最高の景色。

131201-16.jpg

今日は雷岩で昼食。もう空腹の限界だし眺望も無いし山頂はパス。

子供達は先週食べ損ねたラーメンを食べたくって、おむすび出してもスルー。
とにかくラーメン!こぅくんは途中からラーメンの鼻歌で歩く程だったからあっという間の完食。

131201-17.jpg

今日は時間優先の唐沢尾根もパスして、展望重視で大菩薩峠までリターン。

131201-18.jpg

ラーメン食べたしテンション復活で早い。

131201-19.jpg

たまには2人で。
富士山が写るか心配で、立ち位置に文句言ったら怒られた。

131201-20.jpg

介山荘を過ぎるとひたすら林道歩き。途中の川で少し休憩。

131201-21.jpg

氷が綺麗。

131201-22.jpg


保証は無いけど美味しそうだから子供達と氷を取って食べちゃった。

131201-23.jpg

富士見山荘。展望台が崩壊中。

131201-24.jpg

福ちゃん荘で最後の小休止をして、後は一気に下山。

今日はトータル6時間10分。子供達には道中が楽しければこの位の時間が良さそう。
大菩薩嶺は山頂にトイレが無いけど、介山荘のトイレが位置的に調度良い位置にあって便利。
ルートも今日のルートはずっと富士山を眺めながらでお気に入り。
もう少し体力がついたら丸川峠方面にチャレンジしてみたい。
  1. 2013/12/01(日) 21:09:09|
  2. 大菩薩嶺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。