くぅ+こぅ+レオのメモ

子供2人+犬1匹の成長記録とキャンプレポ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

単独山行3

今回は単独山行。
子供達も連れて行きたいと思っている丹沢の塔ノ岳〜鍋割山へ行ってきた。

5時半過ぎに大倉バス停着。駐車場に車を停めて6時スタート。
登りは大倉尾根(バカ尾根)から塔ノ岳を目指しますが、なんか調子が上がんない。
バカ尾根って言われている通りで、ダラダラダラダラと登りが続いていて、みょ〜に疲れる。

131027-1.jpg

ダラダラと重い身体でなんとか登っていたら、木段を踏み外して、久しぶりに笑っちゃうくらい
ダイナミックにコケちゃった。
タスキにかけていた一眼のペンタ部分が脇腹に突き刺さり、右腕を思いっきり突いたせいで手首をネンザ。
もう、ヒビくらい入ってるぞってくらい痛かった。

痛くて動かせない右手首になんとかテーピングをして再度登り始めるもテンションガタ落ち。
今日は途中岩場でもあったら絶対引き返す事を決めてリスタート。

131027-2.jpg

花立山荘で一休み。(8:45)
途中の尾根からはず〜っと富士山が見えていて右手は上がらないけど、テンションは上がる。

131027-3.jpg

花立山荘を出るとすぐに鹿さんが朝食中。
慣れた物で写真を撮っても全然気にしていないご様子。

131027-4.jpg

結局この後もずっと、うんざりする程のダラダラとした登りでやっと山頂。(9:25)
ここまで頑張ったご褒美で、景色は最高だった。
スカイツリーも筑波山も江ノ島も富士山も南アルプスも全部見えた。

131027-5.jpg

紅葉も綺麗。
ゆっくり休んで、この後の行程を再検討したけど、結局クサリのある岩場も無さそうなので
予定通り鍋割山を目指してスタート。(10:00)

131027-6.jpg

鍋割山稜からの紅葉も綺麗。

131027-8.jpg

鍋割山山頂。(11:00)
塔ノ岳からここまでは快適な行程で気持ちよかった〜。

131027-7.jpg

ここで富士山を見ながら昼食をとって、後は下るだけ。(11:45)
下りは駐車場目指して一気に下山。ただ、今日はポールが使えないのでペースが上がんない。

131027-9.jpg

後沢乗越から二俣へ。この先、徒渉有りにちょっとワクワクする。

131027-10.jpg

ヒキガエル、地面の色とそっくりで踏まれちゃいそう。

徒渉って言っても水量も無いのでチョットした物も幾つかあって、後は帰るだけなのでブーツの
防水を確認する意味でもバチャバチャ歩いて楽しんでみた。

131027-11.jpg

ほぼコースタイムで二俣。(13:00)

ここまでくれば後少し、と思ったらここからの林道歩きが、これまたうんざりする程長かった。
やっぱり林道歩きが長いコースは好きじゃない。
結局駐車場に着いたのが14:00。昼食も含めて約8時間。アクシデントのおかげで少し時間がかかちゃった。

今回はなんだか調子の出ない山行だった。
とにかく右手がこれじゃ、ポールも使えないし、ザックを背負ってハーネス引くのも一苦労だし、
カメラもまともに支えられなくてけっこう辛かった。
こういう時は早めに帰った方が「吉」というお勉強。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 21:57:45|
  2. 丹沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場進捗

131025-2.jpg

引き続き土木工事。

131025-5.jpg

クレーンいっぱい。

131025-1.jpg

鉄筋もイッパイ。

131025-3.jpg

ユンボもイッパイ。

131025-4.jpg

こっちにもユンボがいっぱい。

  1. 2013/10/25(金) 20:33:18|
  2. work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見納め

131017.jpg

今日でこの体操着も見納め。
最後までくぅのお下がりとくぅの同級生のお下がりで頑張った。
もう、バッヂつける所はボロボロだし、ゴシゴシ洗っても落ちない汚れが一杯。

最近、身長も伸びてきて似合う様になってきたのに残念。
  1. 2013/10/17(木) 21:06:17|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6つ目百名山@奥白根山

金曜の夜のこと、くぅから3連休なのにキャンプにも山にも行かないのか?とクレーム。
土曜はくぅが学校の日だし、日曜はこぅくんの運動会だからな〜って言ったら、
じゃあ、山なら行けるじゃん!だって。いい子に育ちました。

ソロソロあちこちから紅葉の情報もあるし、子供達からの要望は「百名山」「紅葉」。
簡単に言うけど、これにコースタイムやらトイレ事情やら天気やら、探すのは大変。

本当は山梨方面に行きたかったけど、大渋滞を出来るだけ避けて関東以北最高峰の「日光白根山」へ。

131014-1.jpg

2,000mまでは一気にロープェイ。
情報よりも地味な紅葉でちょっと残念。

131014-2.jpg

登り始めは散策路。
1ヶ月半ぶりの子供達には丁度いいかと思ったけど、こぅくんのペースが上がらない。

131014-3.jpg

こんな木には絶対にまたがっちゃう。

131014-4.jpg

森林限界を超えるとザレ場。こぅくんは相変わらず調子が上がんない。
危ない所は無さそうなので先に行かせたくぅは、もうどこに行ったか分からないくらい遠い。

131014-5.jpg

見返すと雲海。残念だけど景色は良いから気持ちいい。

131014-6.jpg

あと少し。

131014-7.jpg

待っていてくれたくぅとママと一緒にガンバル。

131014-8.jpg

山頂は記念撮影行列。風も強いし寒かった〜。
2,578m。頑張った甲斐があって子供達は高さの記録を更新。ここまで3時間。
コースタイムも約3時間だから遅い訳じゃないけど、やる気が出なくてグズグズは危ないから困る。
結局こぅくんの調子がずっと上がらず、危険な場所も無いけど苦戦した〜。

131014-15.jpg

五色沼。ホントはぐるっと一周出来るかなって思ってたけどムリだった。

131014-9.jpg

ゆっくり食事をして、元気になって下山開始。
山頂は風が強くて寒い。フリースとジャケットで丁度いいくらい。
日影の岩場は岩が冷たくてグローブ持ってて良かった。

131014-10.jpg

こんな岩場も注意をしながら慣れたもの。

131014-14.jpg

岩陰には氷。

131014-11.jpg

五色沼と弥陀ヶ池。あちらこちらにあるナナカマドの実が赤くて綺麗。

131014-16.jpg

弥陀ヶ池。今にもジャバジャバ入っていきそう。

この後、いつも様におなかが痛くなったこぅくん。食べたら出す。いつものペースだけど、
困った事に周囲はまだ岩場。ちょっと頑張って歩いたけど限界。
結局10分担いで下山して、なんとか恒例のキジ撃ち。

131014-12.jpg

結局6時間で下山。色々あったけどほぼコースタイム。
ゴールの後は山頂駅で足湯タイムでご機嫌。

131014-13.jpg

帰りのロープウェイから見えたわずかな紅葉。

それにしても子供達も少しずつレベルアップして、森林限界を超えた景色を堪能したい。
でも日帰りじゃなきゃダメってなるとたいてい山小屋が無い。
だから、やっぱりトイレ事情が一番の問題だな。
仕方ないからキジ撃ちだけど、環境には良くないのは確実、だからせめて処理の仕方はしっかり教えます。
登山道の彼方此方に目に付くティッシュは本当に気分が悪いから…。

  1. 2013/10/15(火) 22:47:59|
  2. 日光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の最後

こぅくん、幼稚園最後の運動会。
くぅの時から考えたら、6年目の運動会。これで、幼稚園の運動会もおしまい。

131013-1.jpg

今年は小太鼓担当。しかも立候補。
どれだけ先生に心配をかけたか想像に難しくない。

131013-2.jpg

前日は明日は一位になれるかも知れないって、張り切ってた徒競争。
これも期待してたぞ!でも、順位は置いといて、頑張った。

131013-3.jpg

リレー。全員参加だから別に走るのが速いって訳じゃない。
これも、朝一緒に走っている友達に勝てる様に頑張るって言ってたけど、追い越された。

131013-4.jpg

一生懸命だから、通り過ぎてからガンバレーって叫んだら、振り向いちゃった。

131013-5.jpg

マスゲーム。
先生の動きに必死についていってる。

131013-6.jpg

合奏。
小太鼓って言っても小柄なこぅくんにはデカい。
途中、バチを後ろにすっ飛ばしたりしたけど最後までカッコ良かった。

今年は全体的に積極的で、すげー頑張った。
3月生まれのハンディをあまり感じなくなったのだって最近の事。
なんせ、去年は閉会式で愚図って途中退場だったんだから。そう思えば逞しくなったと感激。

  1. 2013/10/15(火) 20:14:32|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場進捗



相変わらず山が綺麗。
夕方、現場小屋の通路には景色を眺めながら一服するおじさん多数。

131001-2.jpg

現場の方はやっとピット下のステコン。なんだか崖崩れ対策工事みたい。

  1. 2013/10/01(火) 22:17:58|
  2. work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。