くぅ+こぅ+レオのメモ

子供2人+犬1匹の成長記録とキャンプレポ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4回目@Mt.TAKAO

ママが出かけれないので子供達と高尾山へ。
今回で4回目なので、時間と体力が許せば奥高尾へ行ってみようと言う事で出発。

130526ー1

登りは子供達お気に入りの6号路。
今回はこぅくんが頑張ってリーダー。常に先頭を歩き時々「おっそい!」と喝を入れられちゃった。

130526ー2

こぅくんの頑張りで1時間15分で登頂。
一般的なコースタイムで着いちゃった。その割にご機嫌ナナメなのは最後にくぅに追い越されたから。

130526ー4

まだ10時なのに山頂の広場の外周は座る場所も無い程の混雑。
という事で、計画通り山頂で記念写真だけとって通過。

意気揚々と山頂を通り過ぎたものの、ちょっと下ると「この先奥高尾」の標識が立ちはだかってる。
「お前みたいなシロートは帰りなさい」って言われてる気がしてちょっとビビっちゃった。

130526ー3

でも、ちょっと進んだだけのもみじ台では、すでに人も少なくて山頂より景色も綺麗。
今日は天気があまり良くなくって残念。

130526ー4-2

一丁平でお昼休憩。まだ11時。
毎回おにぎりがちっちゃくって文句言われるので、今日は大人サイズ2個で大満足。
でも、面倒だからバーナー持ってこなかったら「お湯が無いのか!」「みそ汁無いのか!」と非難轟々。

130526ー8

少し歩いて目標の小仏城山山頂。
高尾山頂から高低差約70M。高尾山から1時間半で良いペース。

130526ー7

山頂の天狗と記念撮影。

130526ー5

ご褒美のかき氷。
やめとけって言ったのに一人一杯。でも、こんなに大っきくて1杯400円。

130526ー6

結局ザックからシェラカップを出して助っ人。
なんとか3人で2杯のかき氷を食べて下山開始。

まだ12時。この時間にまたあの山頂に戻るのイヤ、そもそも来た道戻るのも面白くない。
という事で、ここからちょっとだけ下調べしておいた相模湖方面に下山。

130526ー9

1時間半で相模川。あっという間。
それにしても山頂からの下りがナカナカのモノ。とにかく一気に降りて来た感じ。
途中、勢いがつきすぎて転んだこぅくんはオデコにタンコブ。

130526ー10

ここまでくれば後は弁天橋をわたってゴールの相模湖駅まで一気に。
といきたい所だけど、下山のペースが早すぎて3人とももうヘロヘロ。

130526ー11

今日はくぅがグチるほど歩きました。珍しいけど今日の下りのペースを考えれば納得。
駅でもう一回アイス食べるまでブツブツ言ってました。

相模湖から小仏城山~高尾山 [山行記録] - ヤマレコ

全行程約10km。5時間28分。何が辛いってとにかく暑かった。
これからどんどん暑くなるし、東京近郊の1000m以下の山はもう無理かも…。

スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 20:43:30|
  2. 高尾・陣馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

30分



掘削が始りました。
道路際の樹木の伐採が終わり、天気がよいと赤城山が綺麗です。
古代の諸先輩方がこの地に住居を構えていたのも納得です。

今日現場の方々と敷地周辺をぐるっと一周。30分もかかりました。ひろい。


  1. 2013/05/24(金) 20:39:59|
  2. work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあっ!!!

130519-1.jpg

敷地の整地もおわり、今日はついに式典が行われました。
敷地が広大で小さく見えるけどこのテント40m近くある。

130519-2.jpg

こんな祭壇も初めて見た。
「盛り砂」なんて皆さんから見える様にステージ上。
でも、地面と離れてる訳にいかないので下は地続きになってるらしい。

いつもは参加しても出番なんて無いけど、今回は初の「玉串奉奠」もさせて頂きました。

130519-3.jpg

参加者が200名弱。こんなの多分この先ないんじゃないか…。だって、某電波塔より多いらしいし…。

それにしても、今回は役所との調整に1年半を費やし、その間に近隣関係者や地主等、
かなりの方との接触があり、挨拶回りが大変。いつもだったらあっという間にお腹いっぱいなのに、
今日は合間を縫って食べるのがやっと。

気の引き締まる式典でした。

追記

130519-5.jpg

工事を開始する為に最低限必要な部分の発掘調査が一段落。
竪穴式住居が2カ所。うち一カ所は形がハッキリしてない。
でも、これは同じ場所に何回も立て直している事の証拠らしく、何でも理由がある事に驚き。

この写真の状況で住居の発掘は最終状況。住居の底の面。
柱の立っていた場所、釜あった場所等が一段深くなっていて、実際はこの面から上に綺麗に
土を敷き詰め生活をしていたらしい。
釜の場所なんかは土が真っ赤に焼けてたり、真っ黒な炭が出たり、割れた土器が沢山出たりで
分かりやすい。

130519-4.jpg

土器も比較的沢山出た。この後、全部にナンバーリングしてつなぎ合わせて復元。
足り無い所は石膏で作るって言うんだからなかなか大変な作業だな〜。

写真に写っている細い石は糸を巻いて編み物に使っていたらしい。こんなのもゴロゴロ出てくる。

次回の調査はかなり大規模。楽しみな様な怖い様な…。

  1. 2013/05/19(日) 21:31:06|
  2. work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブレーキなおさないと

130512ー1

こぅくん、久しぶりの自転車練習。
前回ブレーキが利かなくて怖ーい思いをしてちょっと遠のいてました。
だから今日はブレーキを直して練習。
ブレーキは一応直ったけどワイヤーが伸びきってるから要交換。

こぅくんは心配してなかったけど、止る事がわかればスイスイ。
親の贔屓目だとしても、なかなかの運動神経なので心配無し。

「パパ!うしろ持っても、持たなくてもいいよっ!」だとさ。生意気!

130512ー2

そして、くぅ。
リサイクルショップで買ってもらったローラーブレード。
一輪車だって買ってからなかなか乗らないから、中古で十分。

こちらは、なかなかの危なっかしい感じ。
子供用のローラーブレードで動きが悪いのが救いって感じですが、一生懸命やっています。

最近は教えてあげると「それが出来ないんだよッ」とか、ちょっとキレ気味でこっちも生意気!
  1. 2013/05/12(日) 21:18:47|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW CAMP 3〜4日目@Takasome C.

3日目朝。この日も快晴で乗鞍岳も穂高岳も綺麗。

130505-1.jpg

早起きして予定通り太陽観察会。

130505-2.jpg

こぅくんは見ても全然感動無し。けど、生意気に自分で脚立を登って見たい。

130505-3.jpg

直接見る事は出来ないので、反射板に写った太陽を観察。
真ん中の黒い所が黒点。

130505-4.jpg

朝食の後は昨日より低い所をお散歩。
一の瀬園地から一の瀬牧場跡地までぐるっと。

130505-5.jpg

水芭蕉。

130505-6.jpg

牧場跡。人も少ないし、もう広大な牧草地が気持ちよくて最高。
子供達の要望でここでお昼ご飯。ここで食べたくなる気持ち、よくわかる。

130505-7.jpg

こんなに気持ちのいい場所をほぼ独占でホントに気持ちよかった。

130505-8.jpg

牧場内の池。
ほとんどアップダウンも無いし、人も少ないし気持ちのいいお散歩だったなぁ。

130505-9.jpg

キャンプ場に戻ってこぅくんの希望に応えて釣り。
毎日池の廻りで釣りの練習をしていたこぅくん、ナント2匹もイワナをゲットでメチャクチャ嬉しそう。

130505-10.jpg

2時間やって全部で3匹。イワナ2匹とマス1匹。餌代やらなんやらで結局1匹900円になっちゃった!
キャンプ場では釣った魚は食べるルール。でも、くぅはハラを出すのを可哀想で見ていられなかった。
そして、結局食べられなかった。
でも、こぅくんはず〜っと一緒に見ていて、残しちゃいけないって話が分かったみたいでよく食べた。
これも食育。せっかくなのでハラワタも良〜く見せてあげました。

130505-11.jpg

3泊。あっという間。
久しぶりに家族だけの静かなキャンプだったけど、星に山に釣りにと盛り沢山で大満足。

  1. 2013/05/09(木) 00:21:05|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW CAMP 2日目@Takasome C.

130504ー0

2日目。夜の寒さがハンパじゃなかった。
夜中、シェラフの首回りのストラップがだんだん緩んで寒くなる。
これを時々ちゃんと閉めれば、眠れない程じゃなかった。ちょっとの事で全然違うことを実感。

130504ー1

2日目は山歩き。
と言っても、ここなら歩けるだろうと思っていた所がいきなり真っ白。
折角だから牛留池だけは見に行ったけど、まだこの標高は歩けなかった。
服装も防寒対策が足りないし、装備も足りなかった。

130504ー2

牛留池。標高1580m。乗鞍岳が映り込む側は雪で近づけなくて残念。

130504ー3

本当は牛留池から2時間くらい歩こうと思っていたけど諦めて自動車移動。
次は善五郎の滝。80m下がっただけなのに雪はほとんど無し。

130504ー4

いつものごとく、いきなりテンションが下がっちゃうこぅくん。
でも、このやる気の無さの表現は歩き終わった後のご褒美の要求だってわかってるよ。

130504ー5

こんなに綺麗な水を見ると、飛び込みたくなっちゃう。

130504ー6

善五郎の滝。

地図を見て少しルートを考えないとダメそうなのでこの日はここでおしまい。
まだまだ時間があるし、予定してなかったけど名物の美味しいお蕎麦と山菜の天麩羅を堪能。
行者にんにくの天麩羅がおいしかったなぁ。

130504ー7

今回のキャンプで料理にも少し協力してくれる様になったくぅ。
この日はご飯炊きの火加減の調節にも挑戦。ず〜っと待ってるだけだからちょっと退屈。

130504ー9

子供達は2日目も早々に就寝。子供が寝た後で少しだけ星空観察。
あまりにも沢山の星が見えて、いつもならすぐに見つけられる星座もちょっと見つけにくい程。

130504ー10

月も出ていなくて、星空観察には絶好。
天の川が見たかったけど、今の時期は丁度正面の山の下で残念。

明日は早朝から太陽の観察会に参加する予定。
  1. 2013/05/07(火) 20:43:58|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW CAMP 1日目@Takasome C.

GW後半は去年から行ってみたかったキャンプ場へ。

GWだし中央道だしで3時半に起きて、5時に出発したのにやっぱり大渋滞。なめてた〜。
中央道にのったとたんに大渋滞。250km位の距離を結局7時間弱で、もうグッタリ。

130503-1.jpg

でも、キャンプ場は期待通り、渋滞の疲れもぶっ飛ぶ最高のロケーション。

130503-2.jpg

サイトの広さを勘違いして、テントとエッグを張り直すアクシデントもありつつ、
なんとか子供達のお待ちかねのハンモックも初登場!
最高の頂き物です。ありがとうございました。

意外に上手にのれたけど、激しく遊びすぎでクルンクルンまわって頭を地面にゴッツンゴツン
言わせながら楽しんでしました。
もう少しあったかくなったら、のんびり寝ながら読書!とか昼寝!とか夢ふくらむな〜。楽しみ〜。

130503-3.jpg

キャンプ場から見る乗鞍岳。
まだまだ真っ白だし、雪が無くたってまだまだ登る技術も無いけどいつかは登ってみたいな〜。
今回、この景色も楽しみの1つ。雪が溶けたら途中まででも行こうかな〜?妄想が膨らむな〜。

130503-4.jpg

そして、夜はお楽しみの天体観測会。
一日目から超快晴。事前に見えるって知ってたけど土星の輪までくっきり見えた。
あんなにおっきな天体望遠鏡も初めてだし、土星の輪なんて自分の目で見る事ができるなんて
思ってなかったから未だに実感わかず。スゴかった。

1日目からこんなに充実。こんなに充実してて、次の日何するかも考えてないけど、
疲れていて9時半には就寝。

本当に良く寝た。疲れていて良く寝られた。でも、寒さをちょっとナメてたなぁ。
  1. 2013/05/06(月) 22:05:18|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013キャンプ初め 3日目@大原上布施AC

3日目もいい天気でず〜っとお天気に恵まれました。

130501-1.jpg

のんびり朝ご飯を食べて、ボチボチおかたずけしながら記念撮影。

今回のキャンプ場、静かで良い所だった〜。
サイトのレイアウトのせいか、いろんな人が横切って行くのがちょっと気になるけど気に入ったなぁ。

ママがおじさんと話したら、天気がよければ天の川も見られるし、タヌキもキョンも来るらしい。
海も近いから子供達も喜ぶし、地面が草なのも良い。また空いている時に来てみたいな〜。

130501-3.jpg

キャンプ場でみんなとお別れして。

勝浦にある宇宙通信所へ。
前日行った温泉から見えたアンテナが気なって調べたら意外に楽しそうなので来てみました。

130501-2.jpg

展示はこぢんまりとしてるけど、空いてて良い。

130501-4.jpg

入場記念のバッヂやステッカーも貰えるし、記念の絵はがきも作れて子供達は大喜びでした。
  1. 2013/05/01(水) 23:08:02|
  2. 千葉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。