くぅ+こぅ+レオのメモ

子供2人+犬1匹の成長記録とキャンプレポ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

単独山行8

2回目の谷川岳はひとりで。

140921-1.jpg

名前がカッコいいんだよね。下を見下ろせば未だ雪が残ってる。

140921-2.jpg

紅葉が最高だった。

140921-3.jpg

トマの撮影行列。

140921-4.jpg

ここまで4時間。
撮ってもらうのも慣れて来た。にしても、ハラがヤバい。

140921-5.jpg

登りルートの尾根。真ん中がトップの写真の辺り。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 21:46:02|
  2. 谷川岳・武尊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初雪山@上州武尊

初の雪山は武尊。
晴れの予定が吹雪で心が折れそうになるものの、颯爽とザックを背負って進む先輩方にくっついて、
8時のリフトの運転開始に合わせて出発。

140323--1.jpg

道標が真っ白で見逃しそうだったけど、あっという間に剣ケ峰山頂(2,020m)。
でも、もの凄い強風でカメラを出せず。

140323-0.jpg

ちょっとiphoneだしてると、一緒に進んでいた2人組×2の皆さんがあっという間に見えなくなる。

剣ケ峰を下った後、完全にルートを見失い後続を待って出発。
ここで引き返すパーティーもいるほどの暴風。

この後も暴風で前が見えず、あちこちでトレースが見当たらず何度も立ち止まる。

140323-1.jpg

剣ケ峰から2時間半かかってやっと武尊山頂(2,158m)。
あまりの顔の冷たさに、気づいたら鼻血が出てた。山頂も強風であっという間に退散。

140323-2.jpg

なんとか山頂まで来た方々と集団で下山開始。
下山は順調かと思っていると、あっという間にトレースを見失い、遠くからの呼びかけに助けられる事も。

140323-3.jpg

下山時は時々顔を見せる太陽。登りの時はどんな場所かも分からず通過してたけど、剣ケ峰がカッコいい。

140323-4.jpg

140323-5.jpg

剣ケ峰。思っていたよりスリリングな所を登ってたな。

140323-6.jpg

後少しでリフト乗り場。

140323-7.jpg

6時間45分で下山。今日はピーカンで往復4時間を予定したのに…。

初の雪山登山。想定していた景色からはほど遠かったけど、良い経験になりました。

  1. 2014/03/23(日) 20:08:45|
  2. 谷川岳・武尊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2つめ百名山@谷川岳

「山かキャンプに行きたいっ!」っていうので、行きたいのはこっちも一緒だよとまた山に行って来た。

でも、最近生意気で行く場所とか付加価値とか注文がうるさいので、考えた末
こっそり今年の目標にしていた「谷川岳」へ。

130623-1.jpg

谷川岳の最大の難点はロープウェイ。
高くて怖いとか。揺れて怖いとか。問題はそこじゃ無くて4人で往復6000円というコスト。
でも、こぅくんはまだタダで全部で5000円。なんか得した気分。

130623-2.jpg

天神平駅から天神尾根までのルートが昨日までの雨でグッチャグチャ。
ときどき見える目標地点にちょっとビビる。

130623-3.jpg

足下は滑るし、ちょっと踏み外すと崖がすぐそこ!
こぅくんはいつもスグ前にいてくれるから良いけど、くぅはいつの間にか通過。
通過してるのに、大丈夫なのかヒヤヒヤする。

130623-4.jpg

ドロドロ道を抜け、熊穴沢避難小屋を過ぎると、岩場の急登が続きます。

130623-5.jpg

こぅくんは鎖があると俄然元気。

130623-6.jpg

天狗のトマリ場。ここからの景色も大満足で、ママからは既に下山ムードが漂ってます。

130623-7.jpg

でも、山頂ももう少し。
森林限界を超えて眺望が開けて、理想の尾根道。

130623-8.jpg

ママは既に限界に近く、時々置物の様に景色を見ながらフリーズ。

130623-9.jpg

急な岩場を過ぎると開けたガレ場に出て、雪渓までもう少し。

130623-10.jpg

こぅくん、教えた通りにザックザックと慎重に登って行きます。

130623-12.jpg

雪渓を過ぎると、肩ノ小屋。ここで山頂だと思ってるので、トマノ耳までが辛かった〜。

130623-11.jpg

ここまで2時間半。本当はオキノ耳まで行って、双耳峰制覇したかったけど、
次回にお預け。トマノ耳には山頂って書いてないのが超悔しいし、あの尾根が歩いてみたい。

130623-13.jpg

お昼にはおにぎりとラーメンを食べて、下山開始。
おにぎり7個と水1L近くが減り、ザックも軽くなって軽快。

130623-14.jpg

肩ノ小屋下の雪渓。
登山を始めて、こんなに早く雪渓を見る事が出来るなんて思わなかったから感激。

130623-15.jpg

さて、下山。登るのが大変だから下るのも大変。
ママはザックをズリズリ。周りの人が持ってるトレッキングポールが恋しい。

130623-16.jpg

子供達は身軽だし、身体も柔らかいからハヤイハヤイ。

今回は往復5時間50分。時間的にはほぼ限界。
記念だから2人とも百名山バッジをゲット。

2人とも山頂でのアイスやかき氷のご褒美無しでも、文句も言わず下山する程の絶景のご褒美。
こんなに早くこんなに最高の景色を見ちゃうと次の山選びがますます難しい。
でも、子供達と一緒にオキノ耳まで一緒に行けるのはしばらく先かな〜。
  1. 2013/06/24(月) 21:24:17|
  2. 谷川岳・武尊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。